SILENT LINKAGE/しずかなうねり 

Endo Mizuki (curator), a marginal hamlet
Posted On: 12月 6, 2010
Posted In: , ,
Comments: No Responses

遠藤水城、限界集落

やっぱり、アーティスト、イコール、すべての人みたいな、夢は、まだ成就していないし、そして、そうあるべきだっていう、そうある事が美しいことだっていう確信がある(0:10)僕らは一方でアーティストはすごく特別で才能があってっていうふうに言うし、でも、もう一方ですべての人に個別性と特殊性があって、クレイティヴィティーがあるって言う(0:42)アーティストが特別、一般大衆というのに、アーティストもそんな特別じゃない、一般の人もオリジナリティー、個性を持った人である。というコミュニケーションの中でキュレーターがそれを調整するみたいな(1:04)アーティストがすべての人であるとなった時に、キュレーターの役割は終るはずなんだよね。その最後の瞬間が生きている間にこないかなと思って、そしたら、報われるわ。少なくとも、僕がやっている仕事はその流れの中の役にたっているはずだから、その確信がある(1:20)

Endo Mizuki / curator

You know, I have a dream that one day artist could mean everyone. But such a dream has not come true yet. I still believe that it should be like that and it’s beautiful if everyone could become artist.(0.10) On the one hand, we say artists are somewhat special and talented, but on the other hand, every single person has individuality, idiosyncrasy, and creativity.(0.42:) Artists are special, ordinary people not. But is it really true? Artists are not so special and ordinary people also have originalities and characters. I understand a curator’s job as to make adjustment to communicate them…(1.04) If everyone became artist, then our job as curators should end. I’m hoping such a moment to come in our time. If that was realised, I would feel grateful. I’m working along that line, so I’m certain that I’m at least contributing something.(1.20)

…………………………..

September 2010 / Mukugawa, Shiga
images & sounds / Hikaru Fujii
SILENT LINKAGE PRESENTS

2min 56sec

Endo Mizuki
http://en.wikipedia.org/wiki/Mizuki_Endo

NewsvineStumbleUponTechnoratifacebookGoogleTweet This